アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Munch
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
上海での豪遊
 私は、「冰心文学第4届国際学術研討会」のシンポジュームが6日に終わったので、7日の「参観活動」には参加しないで、上海に向かった。重慶は雨で、長江を一目見たいという思いも叶わなかった。重慶からの東方航空は混んでいたせいもあるだろうが、座席が55のBとCで、窓際でもないし、一番奥のトイレのそばであった。座席がリクライニングできないので、一層窮屈な目にあった。今回はいずれの飛行機の座席には恵まれなかった。2時間10分の飛行で晴れて暑い上海に着いた。これがまた、飛行機からバスに乗って荷物受け取り口にま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/10/14 21:56
(閑話休題) 莫言のノーベル文学賞受賞
(閑話休題) 莫言のノーベル文学賞受賞  私は、この度の旅行の続きである上海観光について書いてゆくつもりであったが、11日(木)の夜、莫言氏がノーベル文学賞を受賞したことがニュースになったので、中断しようと思う。大きな理由は、今までずっと音信不通であった人からメールがどっと入ったからだ。L先生やFengfengやM.T.さん、Y君など懐かしい人からもあった。どれも莫言氏の受賞を機に私のことを思い出してくれたものだ。それほど莫言氏の受賞はビッグニュースであったらしい。  莫言氏については語るべき人が大勢いる。毛丹青氏、大江健三郎氏、藤... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/12 21:53
「冰心文学第4届国際学術研討会」その2
「冰心文学第4届国際学術研討会」その2  10月6日(土)小雨。朝食をいつもの2楼で取る。李勇氏に会う。8時からの重慶師範大学弁公楼2楼でのシンポジュームに出る。家内は流石に休む。嘉義大学の李光玉教授に私の本を渡したので、彼は大いに驚き喜んでいた。彼は私の部屋の隣であった。  司会者が発言は10分で、チャイム(パソコンの音)が鳴ったら、あと1分。これで終わるようにと言った。王炳根氏から始まったが、10分なんてすぐ終わるので、あと1分と言われて大いに慌てて喋るが、その1分の方が、前の10分より長いくらいでやっと終わる。パソコンを使って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/11 15:18
重慶へ「冰心文学第4届国際学術研討会」
 (その1)  10月4日(木)、関空から中国東方航空で上海に向かった。3年ぶりの中国だ。上海では乗り換えに3時間も待たねばならないし、飛行機に乗るときに、係りの女性に、上海で荷物検査をされるかもしれないなどと言われたので、托送の荷物が直接重慶に届くかどうか心配になった。そこで、上海空港であちこち荷物はどうかなどと尋ね回ったりして疲れた。そもそもこういう場合の中国語がわからないし、係員は早口で、面倒くさがって、変なことを聞く私などろくに相手にしてくれない。また、搭乗ゲートが急に変更になり、一番... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/10 22:04
重慶へ
 台風17号がひどいことに、急に東に向きを変え日本列島を襲った。幸い、早くからの予報の効果か被害が思ったより少なかった。我が家はそれでも、雨による被害が少しあった。翌日の10月1日、朝の2時45分頃に目が覚めてトイレに行ったが、その時、皓皓と照る月が西の空に見えた。中秋の名月であった。中秋節は気候が良いせいか、割と中国に行っている。福建の冰心文学館で見た月も思い出に残っている。  冰心と言えば、「冰心文学第4届国際学術研討会」が重慶で行われる。元旦からその知らせを受けていたので、今年の最大の目... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/02 21:23
青春
 本を頂いた。  小野信爾著『青春群像――辛亥革命から五四運動へ』(汲古書院、2012年9月20日、460+16頁、13,000+α円)  この大部な本を思いがけなく頂いたことに、驚き感激したが、「ごあいさつ」に書かれている文言を読んで、いっそう驚き感心した。それによれば、小野先生は数年前に脳梗塞で倒れたが、リハビリに努めて、この本を上梓したとのことである。確かに、脳梗塞で倒れたというニュースは風の便りに聞いていた。だが、不屈にも断崖から這い上がり、“友人のひとかたならぬ援助”によって出来た... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/28 01:13
9月23日
 今日は朝から雨が降っていた。私には想定外であった。週間天気予報などでは、土・日は晴れのはずであった。台風も行ってしまったし、良い具合だと思っていたのだ。というのも、今日、私の二男が結婚式を挙げることになっていたのだ。我が家の実家は東京なので、親類縁者はほとんど東京だ。ちょうど東京が雨になり関西は晴れると思って、喜んでいたのに、なかなかそうは問屋が卸さない。幸い我々が出かける頃は、雨が止んできたので良かった。  近頃の若い者の結婚式は、人前結婚式などといって、皆の前で「誓いの言葉」などを読み上... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/09/23 18:21
− タイトルなし −
 北京大学に留学しているE君から最新の情報を伝えるメールをもらったので、ここに転載します。私が余計なことを書くよりもずっと良いでしょう。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 先生:  ご無沙汰しております。Eです。  北京大学は新学期が始まり、すでに2週間が経過しました。9月1日から一週間は新入生の手続などがあり、授業は10日から開始しました。  夏休みは、八月中旬からT先生が在外研究で北京大に一ヶ月滞在され、八月末にはXさんやL夫妻が北京に遊びに来て、皆で一緒にT先生の滞在先に招... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/17 06:08
自業自得
 5月ごろから、お腹の調子が悪くなり、6月ごろからお腹がニョキニョキ出だした。今や、食事ばかりでなく、水を飲んでも苦しい。  ちょうどその頃から、ガスばかり出だした。私はこんなにガスを出す男であったろうかと自らいぶかしんだ。腹が出っ張って、ガスが出て、便がすっきり出ない。これは、てっきり今飲んでいる薬のせいだと思った。医者もそう思ったようだが、流石にわが名医は、「CTを撮って調べましょう」と言った。  CTは簡単だ。痛くも痒くもない。ただ少々値が張るだけだ。幸いその日はお金を補充しておいたか... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/16 11:53
 今日の土曜日は、掃除の日である。毎週土曜日の午前中は、1階の掃除と決めている。  掃除などをすると汗だくになるので、終わるとシャワーを浴びる。シャワーを浴びて出てくると、さすがに皮膚に感ずる温度はずいぶん低くなってきた。  夕方に、僅かな距離だが散歩に出る。僅か10分ほどの歩きだが、ずいぶんと涼しさを感じるようになった。ついこの間までは、こんな散歩でも帰宅するとシャワーを浴びたものだが、今日は浴びるまでもなかった。西の空は、ここ2、3日は連続して夕立だったので、黒い雲が盛り上がり、時には稲... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/08 23:08
文章
 教え子のひとりから本をもらった。『続 悲しき骨董』という凝った本である。正本については、2010年の4月25日のこのブログに書いた。今、私の『交流絮語』122〜124頁に載せてある。その続編であるから、カラー写真も増えて厚みも増している。知見も多く、うまく書いてある。私がびっくりしたのは、著者の文章の鋭さであった。緊張感からする鋭敏な感性の文章に思わず引き込まれた。こんな文章を読むのは近頃珍しい。  例えば「序辞」なる次の文章はどうであろうか。  “私は私の中に棲む暗黒に苦しめられながら五... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/02 17:55
バリア・アリー
 たまたま2人の人から、今の会社が合併することになり、新会社に移転するという話を聞いた。1人は、そのまま「流れに任せて」勤め続けると言い、もう1人は、新しい職場を探して就職活動をして、最近内定が決まったと言う。  また、ある人は家から近距離の仕事を希望したので、給料が10%減ったと言う。  それぞれにどんな仕組みがあったのか、私は知らないが、厳しい事情だけは伝わってくる。こういう話は、「そうだったの」と驚いて聞くしか私には能がない。  先週の日曜日と、今日の日曜日には、近くの町内で「地蔵盆... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/08/26 18:01
送り火
送り火  16日には京都五山の送り火があった。大文字の送り火は私の家の前から見える。そのことは先日我が家に来た院生たちの知るところとなって、昨夜、TVで送り火を見たので私を思い出したというメールを頂いた。確かに、我が家の前の坂には人だかりがしている。中には非常識な車があって、そこに車を止めてクーラーを入れて外に出ないで見ようとしている者もいる。周りの家々からは、多くの人が集まっているのであろう、2階やテラスから騒ぐ声が聞こえる。    Tさんは、自分の家の前で麻幹を燃やして先祖の霊を送るのだという。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/18 12:44
論文集
 先日、分厚い『論文集』が送られてきた。題して『東亜道文化国際学術研討会 論文集』といい、北京大学宗教文化研究院世界新宗教研究中心、北京大学日本文化研究所が主弁で、韓国・大巡宗教文化研究所が協弁の論文集である。副題として、「東亜道文化中的神仙思想」とあり、2012年7月7日から8日にかけて、北京大学英傑交流中心で行われたものである。  391ページの厚い論文集の中には12名の論文が掲載されているが、その各国の先生方に混じってE同学の論文が入っている。これがなぜこの『論文集』が私のところに送られ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/12 14:50
高みに上れ
 オリンピックで、アスリートたちが大活躍している。メダルの数も多いそうだ。水泳や卓球、フェンシング、サッカーなどの団体競技に、それぞれが力いっぱい力を出しているのは実に感動的だ。でも、世界の水準から見ると、銀か銅までである。金には今一歩届かない。もう一歩、高みに上がれ!と願わずにはいられない。  5日には、関大の院生が訪ねてくれた。あまり勉強のことは言いたくないので、何を話して良いのかわからない。でも、一番言いたいのは勉強のことで、もっともっと勉強しなさい、ということだ。教師は自分のできなかっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/06 17:59
ロンドンオリンピック(つぶやき)
 私のような運動ができない者は、アスリートなどというものは信用がならないと思っている。昔はスポーツマンと言って、スポーツマン精神などと褒めあげていたものだ。しかしいつの間にか、運動選手がアスリートという呼称になって、その分、堕落したような気がする。だから、今度のロンドン・オリンピックの開会式でも、選手宣誓や審判宣誓にコーチ・監督宣誓まで加わって宣誓していた。いかに信用がなくなったかを証明するようなものだ。  案の定、柔道ではひどい判定があった。あれでは韓国の選手に同情する。体操でもひどいものだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/02 22:45
アキアカネ
 以前、このブログでも書いたように思うが、アキアカネは秋のトンボだと思う。今日、アキアカネが2匹飛んでいるのを見た。連日の猛暑に、こちらはすっかり体調を崩し、バテている。昨日などは、37.5度だという。つまり38度と表示されるわけだ。まだ立秋にもならず、7月中だというのに、そしてセミがけたたましく鳴いているというのに、秋を知らせるアカトンボが飛んでいたことに、思わず唸ってしまった。  昨日は研究会で、久しぶりに外に出た。徐友漁先生の講演と、楊海英先生のパワーポイントを使っての講演であった。徐先... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/29 22:08
E同学の便り
 久しぶりにB大学に留学しているE同学からメールをもらった。  日本でも北京の大雨のことは報道されたが、彼のメールは、当地に住んでいる人の報告として実に面白い。そこで、許可を得て、ここに転載することにした。彼は派手なパフォーマンスのできる男ではないから、観察が地に着いていて、それが面白さを発揮している。地道な研究を期待しよう。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/24 23:35
杉本先生の寄稿
 杉本達夫先生は、私が行き詰まって困っている時に、メールをくださる。  そして軽妙な散文を送ってくださる。このタイミングの良さには絶妙なものがあって、神のお告げがあるのではないかと思うくらいだ。私は連日の暑さで参っているところであったので、さっそく先生の文章を転記させてもらおう。  ここに描かれている事柄を私は見たことはないが、文革に騒がれた多くの自然のエネルギーを活用しようとするニュースには、私などは大いに賛成していた。資本主義の技術偏用からくる公害が一方では顕著になっていた時代だから、今... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/19 11:12
好消息(hao xiaoxi。良い知らせ)
好消息(hao xiaoxi。良い知らせ)  嬉しいことは急に起きるものだ。ポストに2つ、分厚い郵便があった。  1つは、王安憶著、飯塚容・宮入いずみ訳『富萍(フーピン) 上海に生きる』(勉誠出版、20120710、410頁、3,600+α円)である。飯塚先生はまたしても精力的に翻訳を出した。そして、それを私に贈ってくれる。ありがたいことだ。一回り以上も年下の、今一番脂ののっている人の好意に感謝の念でいっぱいだ。  王安億の訳本  同時に、もう1つは、遅子建著、竹内良雄・土屋肇枝訳『今夜の食事をお作りします』(勉誠出版、201207... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/13 21:27

続きを見る

トップへ

月別リンク

Munch/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる