Munch

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は嬉しかった

<<   作成日時 : 2009/04/03 23:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は3日で、ようやく天気が温かくなってきた。関大のキャンパスは、クラブや同好会などの勧誘で騒々しい。桜もだいぶほころんだ。学生達はこんな時は生き生きしている。そういえば私が大学一年に入ったときもクラブの勧誘が執拗で強引であった。でもどういうわけか私にはあまり勧誘がなく、ビラも渡されなかった。見るからに貧相で虚弱そうな男にはクラブの方で魅力をもたれなかったのかもしれない。何枚も何十枚もチラシを重ねて持ち、気恥ずかしそうでいて嬉しそうに歩いている女学生を見ていると、春で楽しいなぁとつくづく思う。
 図書館に入ろうとしたら、なんとカード(身分証)が切れていた。授業の準備をする必要から、入れて貰って、コピーをしようとしたら、そのコピーカードも切れていた。図書館入口の脇の展示室で、大阪の浮世絵師「長谷川貞信」の展示が行なわれていたので、早速見てきた。貞信三代の作品の展示だが、貞信という名称は、江戸末期から明治、大正、昭和と延々と続いているそうで、今は第五代が生存して活躍しているそうだ。
 大学院の入学式があり、ちょっとしたガイダンスがあって、午前は終わった。Shさんから電話があって、先生はまだ大学にいるか?と聞く。式があると言ったら、その後はどうだ?と言うので、戻ってくると答えた。
 午後2時、大学主催で「名誉教授表彰」の式があった。三十四名の方々が「名誉教授」になった。私もその端くれに並んだのだが、正直、「多大な研究教育の業績」もない私としては恥ずかしい限りである。だが、何食わぬ顔をして、いただくものは頂いた。
 戻って来て、Shさんに電話をしたら、Bさんが出て、Shさんは会議だと言う。でも、ちょっとオフィスに来てほしいと言うので、帰りがけに出かけた。すると、Bさんが「Shさんと2人からです」と言って花束をくれた。淡い色のお花の束で、「おめでとうございます これからもお元気で、ご指導の程 どうぞよろしくお願いいたします」と書かれた手紙まで添えられてあった。
 あまりの思いがけない事柄に、一時、お礼の言葉も失ったが、すぐそこに居たZ君に頼んで、写真を撮ってもらうことにした。文学部入口1階の「豊臣期大坂図屏風」の前で、君子蘭が咲いているところで記念の写真を撮ってもらった。
 大学から表彰されるのも嬉しくないことはないが、事務の女性からこんな風に「表彰」されるのは、私にとっては大変得がたい、それこそお金に変えられない嬉しい出来事である。Shさんには、特にあれやこれやと文句を言い、勝手なことを頼んだりした。確かに、こちらも困ったこともあったが、お互い文句を言い合える何か通じ合えるものをもって、ここまでともにやってきたといった感じだ。黄修己先生や王炳根先生のときも、一方ならぬお世話になった。大学院の運営委員に私がなった時も迷惑をおかけした。でも、コツコツと仕事をしてくれて、文学部の同士の1人だったといっても良いだろう。ありがたいことだ。
 Bさんはここ数年の付き合いだが、何かと仕事をお願いし、助けてもらった。明るい元気な女性で、こちらが消沈している時に、あの元気が助けとなった。中文卒なので不思議といろんな縁があった。もと院生のM.の家庭教師であったし、台湾のM.さんの同級ということで、M.さんの学位取得の時には大変お世話になった。
 私は今日は本当に「名誉」を頂いた気がする。これからはこの「名誉」を汚さないように、「無理」をしよう。
 嬉しい日であった。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は嬉しかった Munch/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる